バナー

光脱毛のわき脱毛でキレイな肌へ

女性にとってムダ毛は大敵!最近は脱毛と言えば「光脱毛」が人気なようで、価格も随分と安くなりました。


私はそれほど毛深いわけではなかったものの、やはり自信を持ってノースリーブを着たいという思いが強く、ずっと気になっていたわき脱毛を試してみることに・・・インターネットで光脱毛の口コミを参考に、早速予約を入れました。

待望の新宿の脱毛のお役立ち情報を公開しています。

「自己処理はわき脱毛の3日前までに済ませておいて下さい」と言われ、当日は少し毛が出てき始めた状態で向かいました。
キャミソールを渡され着替えると、早速に施術開始です。

まずはベッドに横になり、万歳のポーズをさせられました。

この瞬間が1番恥ずかしかったのですが、光脱毛についての説明をしながらシェーバーで出始めた毛を綺麗に処理してくださったので、いつの間にかリラックスできました。


光脱毛は黒い物に反応するため、ホクロはシールで保護され光が当たらないようにするそうです。

目を保護するためのサングラスを着用し冷たいジェルを脇にのせられると、ピカッと眩しい光と同時にほんの一瞬痛みが走りました。


痛みの強さは輪ゴムでパチンと弾かれるぐらいでしょうか。私はもっと痛いのかと思っていたので、充分に耐えられる痛さでした。



どんどんと光が当てられていき、あっという間に片方の脇が終了です。


続いて同じように、もう片方の脇も光が当てられました。

冷たいジェルを拭き取られ、数分間は保冷剤のようなもので脇を冷やします。
特に痛みが残ることもなく、その日の施術は終了となりました。光脱毛はその場で毛が抜け落ちるのではなく2週間程度でスルッと抜けるそうで、毛の生える周期により全ての毛が抜けるわけではないため何度か通い続ける必要がありますが、わき脱毛に満足できたら他の箇所も検討しようと思います。ワキ脱毛に興味があるけど、脱毛サロンに行く勇気がない、ということで留まっている人がいます。

そんな人のために、ほとんどの脱毛サロンで初回限定でワキ脱毛が格安料金でお試しできるキャンペーンが開催されています。

初回限定というのがポイントとなっていて、女性が1番気にしていると思われる、ワキ部分を通い放題で利用できるキャンペーンが多いです。

将来的には全身のムダ毛を処理しなくてもいいように脱毛したいと思っているけど、すぐに行動にうつせる女性はなかなかいません。金銭的にも厳しいので、脱毛を諦めてしまっている人も多いのです。初回限定キャンペーンは、そういう人たちのために、気軽に脱毛サロンにこれるような施策となっています。

ワキ脱毛は、だいたい3回ほど通い始めてから、毛が薄くなっているのを実感することができます。

6回ほど通うと、脱毛をする前の状態に比べて半分ぐらいの見た目になっていて、10回通ったときにはほとんどの毛がなくなっている、という感じになります。

通うペースは毛の周期に合わせて3ヶ月に1回ぐらいのペースで脱毛を行うので、毎日のスケジュールがいきなり埋まるというわけでもなく、通いやすいのがメリットです。
もちろん、ワキ脱毛のキャンペーンと共に、他の部位を脱毛することも可能です。

夏に向けて脱毛をしたいのであれば、今すぐ始めたほうが夏までに効果を実感しやすいと思うので、思い立った時にはじめてみてください。

ワキ脱毛をはじめとした脱毛は、ムダ毛を無くしつるつるとした肌を手に入れられる美容施術です。
しかし、施術後に適切なアフターケアをしなければ肌トラブルを引き起こす原因になります。クリニックやエステサロンでのワキ脱毛は、施術直後に冷却パックを使用したクーリングや美容液を塗るといった保湿ケアが行われます。


脱毛直後は皮膚が熱を持っている状態なので、クーリングすることで赤みや肌への刺激を抑えることができます。

サロンでは肌トラブル防止のために施術後はしっかりとケアしてもらうことができますが、自宅へ帰ってからのケアも重要です。

施術後は肌を冷やし、保湿ケアを行わなければなりません。


脱毛後の肌は敏感で乾燥しやすい状態になっているので、刺激の少ない化粧水や保湿クリームを塗りましょう。

ワキは汗や臭いが気になる部分ですが、ワキ脱毛後は、毛穴が開き、肌が敏感になっているので、刺激を与えると雑菌による炎症が起こる可能性があります。

そのためにもワキの下は清潔に保たなければなりません。清潔にしたいからといって制汗スプレーなどは使用せず、汗をかいたり汚れを感じたらシャワーを浴びたり、タオルで拭くなどしましょう。

さらに、ワキ脱毛後は肌が熱を持っている状態であるので、血行がよくなると腫れたり赤みがひどくなる場合があります。

当日は入浴や激しいスポーツや飲酒は避けましょう。また、紫外線を浴びると、シミや色素沈着ができやすくなるので、脱毛が完了するまでは直射日光を浴びないようにし、紫外線対策を行いましょう。

わき毛をコンプレックスだと思っている人は結構いるようですが、そんな人もレーザーの力によってワキ脱毛ができる時代となりました。


特に女性だけではなく、男性もワキ脱毛したいと思う人が多く出てきています。

そんな人にも、エステティックサロンやクリニックは等しく入り口を開けているので、恥ずかしがらずにぜひともノックしてみることをお勧めします。

レーザー脱毛技術は、以前に比べると非常に向上しています。

肌をほとんど傷つけることがありませんし、他の脱毛施術に比べても効率が良いと言うことで知られているのです。今まで1度もやったことがない人は、自らの体をどこまでも磨き上げるといった意味でも、ぜひともやってみるとよいでしょう。
わき毛は、普段はあまり気になる部分ではありませんが、臭いの元となったり、何よりも水着などを着るときに露出することになる部分でもあります。

真夏の炎天下で思い切りバンザイを出来るようになるためにも、ワキ脱毛は男女関係なく積極的にやっておくようにしたいところです。

レーザー脱毛技術によって、何度も通うことにより、わき毛が最終的にはほとんど目立たない状態になります。

永久脱毛とならないと言う声をよく聞きますが、それでも最終的には赤ちゃんの産毛のようになるので、十分な結果を実感することが可能です。

迷っているくらいであれば、きれいにすることで大きく人生が変わることになるので、すぐにでも行動に移してみることをお勧めします。

ワキ脱毛に関しては女性がするのは当然と言うような常識があるかもしれません。

ただ最近では女性ばかりでは無くて男性もワキ脱毛をし始めている流れが出て来ています。
実際に行わなくても何時かメンズエステ等に行ってきちんとしたワキ毛脱毛をしたいと考えている方は多いでしょう。
メンズエステで行われている脱毛に関してですが、多くの場合はヒゲを任意の形にしたり、あるいはヒゲが生えないようにするケアが多いのですが、最近ではワキ脱毛等も多くのクリニックやメンズエステで積極的に行われるようになっています。

ワキ毛のあるデメリットは例えば上半身だけ衣服を脱ぐ場合もあるのですが、あまりにワキ毛が濃い人の場合ですと脇を閉じても体毛がはみ出してしまい見苦しくなるケースがあります。
腕をちょっと上げただけでもTシャツの脇から見えてしまうので苦悩されている方も多いです。



ただ完全にワキ毛が消えてしまうのも嫌なので毛量を少なくしたい方もおられるでしょう。
クリニックやメンズエステでは、毛量を減らすだけのケアもありますので施術を受けられてみるのも悪くはありません。
夏場では海に行かれる回数も多くなるのですが、人よりも濃い体毛を持っている場合、例えば大学や会社で初めて知り合った同棲異性限らず、友達等にからかわれてしまうかもしれません。

傷ついてしまう原因にもなってしまいますので、メンズエステに行ってケアをされてみるのも悪くは無いでしょう。